コンテンツにスキップする

【新興国市場】株式下落、米政府の混乱響く-ロシアやトルコ株安い

25日の新興国市場で株式が下落。米政府の混乱で投資家の懸念が強まった。減速しつつある米経済や同国の利上げペース、現在も続く貿易戦争などを巡る不安で、既に世界の株式相場は圧迫されている。

  • 新興国株の指標であるMSCI新興市場指数は0.3%安
  • MSCI新興市場通貨指数はほぼ変わらず

中南米:

  • ブラジル、メキシコ株式市場はクリスマスで休場。取引は26日に再開される

EMEA:

  • ロシア
    • ロシア株の指標であるMOEX指数は4日続落。前日比1.4%安と、10日以来の大きな下げ
  • トルコ:
    • イスタンブール100種指数は続落。下落率は0.8%安と、14日以降で最も大きい
  • 南アフリカ共和国の株式市場は祝日のため休場。取引再開は27日

アジア:

  • インド株式市場はクリスマスで休場-26日に取引再開
  • 中国
    • 上海総合指数は0.9%安。政府は企業支援に向けた一段の措置を講じると表明したものの、材料視されず

原題:Nikkei Enters Bear Market to Extend Global Rout: Markets Wrap、MOEX Index Falls 1.4%; Lukoil Leads Decline、BIST-100 Index Falls 0.8%; BIM Leads Decline(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE