コンテンツにスキップする

「まだサンタを信じているのか」-トランプ大統領が7歳女児に

更新日時
  • サンタ追跡サイトに電話をかけてきた女の子に語る
  • 「7歳ならそろそろ知っているだろう。違うのか」と大統領
トランプ大統領(右)とメラニア夫人(左)

トランプ大統領(右)とメラニア夫人(左)

Photographer: SAUL LOEB/AFP
トランプ大統領(右)とメラニア夫人(左)
Photographer: SAUL LOEB/AFP

「まだサンタを信じているのか。7歳ならそろそろ知っているだろう。違うのか」。トランプ米大統領はクリスマスイブ、サンタ追跡サイト「サンタトラッカー」に電話をかけてきた7歳の女の子にこう語った。このサイトは北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)が毎年設けている。

  「ハッピー・クリスマス。体を大事にして、家族によろしく言ってくれ。みんなにハローといってくれよな。ありがとう」と、ホワイトハウスで電話をとったトランプ大統領は話した。記者団にはトランプ氏側の声しか聞こえていない。ポスト・アンド・クーリエ紙によると、この女の子はサウスカロライナ州レキシントン在住のコールマン・ロイドさん。大統領と電話で会話しているところの動画を掲載した。

  NORADによれば、「サンタが今どこにいるのか、今眠ってもよいのかどうか気になる子どもたちやその家族」のために、数百人ものボランティアが電話やコンピューターで問い合わせに応じている。この行事は1955年の12月24日から毎年続けられている。

(更新前の記事で子供を女の子に訂正済みです)

原題:Trump Asks 7-Year-Old Girl If She Still Believes in Santa (1)(抜粋)

(ポスト・アンド・クーリエ紙の報道を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE