コンテンツにスキップする

トリポリのリビア外務省本部に発砲、自爆攻撃で死傷者多数

北アフリカ、リビアの首都トリポリにある外務省本省で自爆攻撃があり、3人が死亡したと当局者が明らかにした。内戦が続く同国の安定に向けた動きに、新たな打撃となった。

  リビア外務省の発表によれば、武装グループが建物に向けて発砲し、同グループのうちの1人が自爆した。内務相はテレビで放映された記者会見で、他に少なくとも18人が負傷したと述べ、死者は2人と発表。外務省の発表との違いについては現時点で説明されていない。

  トリポリ市内や国内各地の政府施設は、対立する武装集団や過激派組織「イスラム国」など、さまざまな勢力から繰り返し攻撃に遭っている。
 
原題:Suicide Attack Targets Libyan Foreign Ministry in Tripoli (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE