コンテンツにスキップする

地ビール好きにはたまらない-記録的な2018年をクラフトで見送ろう

  • 18年の大きなトレンドになったのはウィードビール
  • CBDなど大麻成分の利用でさまざまな製品が誕生

2018年は米国の小規模ビール醸造所にとって再び記録的な年となりそうだ。ビール全体の消費は18年も減少するとみられているが、クラフトビールの醸造所に限れば数量ベースで昨年の5%増に続き今年も伸びており、年間で2600万バレル余りと最高記録を塗り替えるとブルワーズ協会は見込んでいる。10月までにクラフトビールの醸造会社数は7000を超えており、17年と比べ20%増となる勢いだ。

  つまり、地ビール好きには最良の時代が到来したということだ。クラシックから最新トレンドまで、今年誕生した米国産ビールを集めてみた。すっきりとした喉ごしやファンキーな味わいを楽しめる。大量生産されているのはまれだ。地元やニッチな市場でしか入手できないものが多いが、いずれも来年も試す価値のあるスタイルやカテゴリーだ。

relates to 地ビール好きにはたまらない-記録的な2018年をクラフトで見送ろう

 

 

SweetWater 420 Strain G13

アメリカンIPA(インディアペールエール)
アルコール度数6%
醸造所所在地:アトランタ

  18年の大きなトレンドとなったのがウィードビールだ。カンナビジオール(CBD)など大麻成分を利用することでさまざまなスタイルや製品が生まれた。この分野で最も成功したのがスイートウオーターの「420ストレインG13」。

Drake’s Brewing Brightside Extra Brut

ブリュットIPA
アルコール度数7%
醸造所所在地:カリフォルニア州サンリアンドロ

  ブリュットIPAは人気のIPAカテゴリーにおけるホットなサブジャンルだ。ベイエリア発のこのハイブリッドIPAスタイルはニューイングランドIPAの強い香りと西海岸のクリーンかつクリスプなさわやかさの組み合わせだ。ドレークス・ブルーイングがその最適な一例を生み出した。

Sierra Nevada Celebration 2018

フレッシュホップIPA
アルコール度数6.8%
醸造所所在地:カリフォルニア州チコおよびノースカロライナ州ミルズリバー

Austin Beerworks Flavor Country

ペールエール
アルコール度数5.9%
醸造所所在地:オースティン

Grimm Artisanal Ales Castling

ベルギースタイルペールエール/IPA
アルコール度数5.5%
醸造所所在地:ニューヨーク市ブルックリン

relates to 地ビール好きにはたまらない-記録的な2018年をクラフトで見送ろう

 

 

Ardent Brewing Pilsner

ドイツスタイルのピルスナー
アルコール度数5%
醸造所所在地:バージニア州リッチモンド

  米南部でクラフトビールの新しいメッカとなったのがリッチモンド。ここで最良のビールを造り続けているのがアーデントで、18年の同社最良のビールがこのピルスナーだ。

Threes Brewing People Power

ピルスナー
アルコール度数5%
醸造所所在地:ニューヨーク市ブルックリン

Wayfinder Terrifico

イタリアンスタイルのピルスナー
アルコール度数4.7%
醸造所所在地:オレゴン州ポートランド

  ポートランドではビール業が飽和気味だが、まだイノベーションの余地があることを示したのが2017年にオープンしたこの新しい醸造所。その最良のビールの1つが「テリフィコ」だ。

relates to 地ビール好きにはたまらない-記録的な2018年をクラフトで見送ろう

 

 

Holy Mountain Vesper

テーブルビール
アルコール度数3.9%
醸造所所在地:シアトル

  エキサイティングなテーブルビールはめったにないが、シアトルのホーリー・マウンテンはほとんどの醸造所が実現できなかった深みと複雑さを備えたアルコール度数4%未満のビールを生み出した。

Fermentery Form Formation

オークエイジドゴールデンエール
アルコール度数5%
醸造所所在地:フィラデルフィア

relates to 地ビール好きにはたまらない-記録的な2018年をクラフトで見送ろう

 

 

Firestone Walker & Creature Comforts Mother’s Milk

インペリアルミルクポーター
アルコール度数11.6%
醸造所所在地:カリフォルニア州パソロブレス、ジョージア州アセンズ

  毎春の遅い時期に開催されるフェスティバル「ファイアストン・ウオーカー・インビテーショナル」では、このセントラルコーストの醸造所がゲストの醸造所と共に1度限りのビール醸造を行う。今年のビールがこれだった。

原題:The 11 Best Beers of the Year From America’s Booming Craft Scene(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE