コンテンツにスキップする

ナイキ株安、下落率は10月以来の大きさ-決算後の上げ大半吐き出す

  • この下げは最近の市場環境によるものである可能性高い-アナリスト
  • 同社が起用するスター選手の1人がインスタグラム投稿巡り謝罪
A customer browses a wall of Nike Inc. sneakers on display for sale at Dick's Sporting Goods Inc. store in Sterling Heights, Michigan, U.S., on Thursday, Aug. 18, 2016.
A customer browses a wall of Nike Inc. sneakers on display for sale at Dick's Sporting Goods Inc. store in Sterling Heights, Michigan, U.S., on Thursday, Aug. 18, 2016.

Photographer: Sean Proctor/ Bloomberg

A customer browses a wall of Nike Inc. sneakers on display for sale at Dick's Sporting Goods Inc. store in Sterling Heights, Michigan, U.S., on Thursday, Aug. 18, 2016.

Photographer: Sean Proctor/ Bloomberg

米スポーツ用品大手ナイキ株は24日の米株式市場で、下落率が2カ月余りで最大となった。先週発表の決算を好感した上昇の大部分を失った形だ。

  ナイキ株は前週末比5.9%安の68.10ドルで終了。下落率は10月10日以来の大きさだった。この下げは最近の市場環境によるものである可能性が高く、投資家は特にナイキというよりは、損失を受けて感情的に判断を下していると、インスティネットのアナリスト、シメオン・シーゲル氏は指摘。同氏はナイキ株の投資判断を「買い」としている。ただ前日には、ナイキが起用するスター選手の1人、バスケットボールのレブロン・ジェームズ選手がユダヤ人に関連する自身のインスタグラムへの投稿を巡り謝罪していた。

  シーゲル氏は「現時点では株価は合理的な展開を見せておらず、投資家は苦しんでいる。ナイキ株は21日には7%程度上昇していた。その流れで考えると、現在の市場環境の中でこの日は下げざるを得なかったということだ」と語った。

決算記事:9ー11月売上高が予想上回る-北米と中華圏が好調

原題:Nike Falls Most Since October, Trimming Post-Earnings Surge (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE