コンテンツにスキップする

EU、知財権巡り中国との対決姿勢強める-WTOへの提訴で

  • 欧州企業に対する技術移転強制に関する法律で訴えの範囲を拡大
  • 合弁パートナーに技術移転を強いる法規制はないと中国は主張

欧州連合(EU)が知的財産権を巡り世界貿易機関(WTO)を舞台に中国との対決姿勢を強めている。

  EUは20日、中国で事業をしている欧州企業に対する技術移転強制について、WTOで6月に起こした訴えの範囲を拡大し、電気自動車や作物種子の分野や合弁企業の投資承認に関する中国の法律に異議を申し立てた。

  中国政府がEUに置く代表部は、EUの主張には「根拠がない」とし、中国は「知的財産権保護を非常に重視している」との声明を出した。「外国企業に中国側のパートナーに技術移転を強いる中国の法律や規制は一切ない」とも主張した。

原題:EU Targets China’s Alleged Tech Looting, Steps Up WTO Fight (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE