ビットコインの目標価格尋ねる人々に閉口-専門家苦しめた2018年

  • 「仮想通貨のボラティリティーは内在するもの」
  • 適正価格の現実化巡る時間枠予想の提供やめるとトム・リー氏
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

仮想通貨ビットコインの価格予想で専門家が今年いかに苦しめられたかを、最も如実に表しているのが、トム・リー氏の最新仮想通貨リポートだ。

トム・リー氏

撮影:Chris Goodney / Bloomberg

  ファンドストラット・グローバル・アドバイザーズの共同創業者である同氏は電子メールで配布した13日の顧客向けリポートで、「われわれに目標価格を尋ねる人々に閉口している。仮想通貨のボラティリティーは内在するものだ。適正価格の現実化についての時間枠の提供を一切やめる」と記した。

  言い換えれば、ビットコインの価格予測でウォール街で最もよく知られたリー氏が白旗を掲げたということだ。

  同氏のリポートを振り返れば、理由は明らかだ。今年初め時点でビットコインの価格を年央2万ドル、年末2万5000ドルと予想していたが、目標を11月に1万5000ドルに引き下げるまでには5500ドル前後で推移。その後は約4000ドルと、年初来で70%を超える下落率だ。リー氏による直近の「適正価値」は1万3800-1万4800ドル。

  ブルームバーグはニューヨークを本拠とするリー氏に電子メールで問い合わせをしたが返答はなく、電話でも接触できなかった。

原題:Bitcoin Forecasts Aren’t Getting Any Easier After a Brutal 2018(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE