コンテンツにスキップする

歴史的規模のCLO、借り換え可能に-環境悪くコスト圧縮余地小さい

  • 520億ドル超のCLO、来月リセット/リファイナンス可能に
  • CLOのスプレッドはここ1年余りで最大となっている

ローン担保証券(CLO)市場では歴史的規模の証券が来月、借り換え可能となる。

  ブルームバーグのデータによれば、2017、18両年中に組成された520億ドル(約5兆8000億円)余りのCLOが19年1月にリセットあるいはリファイナンスされる可能性がある。しかし、CLOのスプレッドはここ1年余りで最大となっており、現状でのリセット/リファイナンスは多くの管理会社にとって有利ではない。

Winter Storm of Resets

More than $52 billion of CLOs from 2017 and 2018 will be callable in January

Source: Data compiled by Bloomberg.

Note: Volume is by original amount of CLO deal, and combines 2017 and 2018 totals. Reflects leveraged-loan CLOs only. Includes deals originally issued in 2017 with 2-year non-call periods, as well as deals issued in 2018 with 1-year non-call periods.

  格付けトリプルAクラスのCLOのスプレッドが発行時と同じまたは発行時より大きい状態は、リファイナンスやリセットによるコスト圧縮の余地があまりないことを意味すると、ドイツ銀行のアナリストらは最近のリポートで指摘している。

  ブルームバーグ・ニュースが集計したデータによると、今年10月には16年に発行された早期償還条項付きCLO200億ドル相当のリセットもしくはリファイナンスが可能になったが、実際にリセット/リファイナンスされたのは約66億ドルだった。

原題:CLO Market Faces Record Callable Debt Just as Sentiment Turns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE