コンテンツにスキップする
Photographer: Brent Lewin

ヘッジファンドの米バウポスト、年初来リターンはプラス

Buildings stand in the skyline of Boston, Massachusetts, U.S., on Monday, Aug. 6, 2012. Boston, a leading city for finance, has an economic base that includes research, manufacturing, and biotechnology.
Photographer: Brent Lewin

セス・クラーマン氏率いる米ヘッジファンド運営会社バウポスト・グループの年初来リターンがプラス約2.8%となっている。ヘッジファンド業界全体の運用成績は年間ベースでマイナスとなる見通しだ。

  事情に詳しい複数の関係者によると、バウポストのこのリターンは1-11月のもの。同社の広報担当者はコメントを控えた。

  ヘッジファンド・リサーチによると、世界のヘッジファンドの1-11月のリターンの平均はマイナス0.1%。金利の上昇と地政学的緊張でボラティリティー(変動性)が高まる中で、ヘッジファンド業界は今年、苦戦している。

  規制当局への届け出によれば、7-9月(第3四半期)のバウポストのポジションのうち最大の割合を占めた米国株は21世紀フォックスだった。ウォルト・ディズニーへの資産売却で合意している21世紀フォックスの株価の年初来上昇率は約40%。

原題:Baupost Is Said to Post Gain as Hedge Funds See Declines(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE