コンテンツにスキップする
Photographer: Dan Kitwood/Getty Images

英ガトウィック空港閉鎖、「意図的」なドローン飛行で-11.5万人に影響

Gatwick is the world’s busiest single-runway hub
Photographer: Dan Kitwood/Getty Images

英ロンドンのガトウィック空港で違法なドローンが複数目撃され、空港が閉鎖される事態となった。ホリデーシーズンの繁忙期と重なったこともあり、最大11万5000人に影響が及んでいる。

  ガトウィック空港の2つのターミナルでは20日、旅行客が列を成し、出発ロビーのフロアに座り込む人も多く見られた。同空港は現地時間午前11時半、再開のめどは立っていないと発表。警察当局はドローン飛行は明らかに「意図的」だとしつつも、テロとの関連はなさそうだと説明した。

  ガトウィック空港では、19日遅くに飛行場の上空で2つの物体が飛行しているとの報告が寄せられたことから空港当局が航空機の離着陸を停止。到着予定だった50機余りが英国内や欧州大陸の空港に迂回(うかい)した。空港は6時間後にいったん再開したものの、物体が再び目撃されたことから45分後に再び閉鎖した。

London Gatwick Airport Closed After Drones Spotted In Airspace

ガトウィック空港で足止めされた旅行客(12月20日)

写真家:Athanasios Gioumpasis /ゲッティイメージズ

原題:London Gatwick Shut by ‘Deliberate’ Drone Raid Amid Holiday Rush(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE