コンテンツにスキップする

ドイツ:EU域外企業からの投資、審査強化を閣議決定-中国念頭

ドイツが欧州連合(EU)域外からの投資に関する規定を強化した。戦略的に重要な産業への食い込みを図る中国を念頭に、「極めて重要なインフラ」だと見なされる国内企業の株式取得に関して、政府による審査対象を拡大した。
  
  経済省の発表によれば、メルケル政権は19日の閣議で、安全保障・防衛関連を含めた「特に慎重な扱いを必要とする分野」における企業について、EU域外企業による出資計画で株式10%以上の取得で審査に乗り出すことを決めた。これまでの基準は25%以上だった。

原題:Germany Tightens Foreign Investment Rules With Eye on China (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE