コンテンツにスキップする

インドネシア中銀、政策金利を6%に据え置き-利上げ効果見極め

  • エコノミスト26人中、24人が据え置きを見込んでいた
  • 過去7カ月で計1.75ポイントの金利引き上げ実施

インドネシア銀行(中央銀行)は20日、政策金利を据え置いた。通貨ルピア安の阻止を狙った5月以降6回の利上げの効果を見極める。
 
  政策金利である7日物リバースレポ金利は6%に維持された。ブルームバーグがエコノミスト26人を対象に実施した調査では、24人が据え置きを見込んでいた。

  米連邦公開市場委員会(FOMC)が今年進めた金融引き締めを受け、インドネシア中銀は過去7カ月で政策金利を計1.75ポイント引き上げた。

String of Bank Indonesia rate hikes has helped stem a rupiah rout

原題:Indonesia Keeps Benchmark Rate Unchanged as Rupiah Rebounds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE