コンテンツにスキップする

中国とカナダ、3人目拘束者の帰国巡り協議-ナショナル・ポスト紙

  • 拘束された3人目のカナダ人はサラ・マカイバー氏
  • ビザの問題で拘束-中国国内で教育に従事していた

中国当局が数日前に拘束した3人目のカナダ人の帰国を巡り、カナダが中国側と協議している。カナダ紙ナショナル・ポストが報じた。両国の外交摩擦の一因が和らぐ可能性がある。

  同紙が匿名の複数の関係者を引用して19日遅くに報じたところによると、拘束された3人目のカナダ人はアルバータ州出身のサラ・マカイバー氏。中国国内で教育に従事していたことに関連し、査証(ビザ)の問題で拘束されたとみられるという。同氏の帰国準備は進みつつあるとしたが、外交当局者の話としてこの事案はまだ解決していないと伝えた。

  トルドー首相は先に、中国情報機関によるカナダ人2人の拘束と3人目の拘束との関連は薄いとの見方を示していた。

原題:China, Canada Said to Discuss Third Detainee’s Return, Post Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE