コンテンツにスキップする

中国M&A融資、2年連続減へ-貿易戦争や海外勢警戒で視界不良

  • 中国企業による外貨のイベントドリブン融資182億ドル-18年
  • 16年は307億ドルだった-ブルームバーグ集計データ

中国企業の合併・買収(M&A)関連融資は今年、2年連続での減少となりそうだ。貿易を巡る対立のエスカレートで中国勢による海外資産取得が好転する見込みは薄い。

  ブルームバーグの集計データによれば、2018年の中国企業による外貨のイベントドリブン融資は182億ドル(約2兆400億円)。16年は307億ドルだった。買収関連のファイナンスやレバレッジド・バイアウト(LBO)およびマネジメント・バイアウト(MBO)に絡んだ資金、流通市場でのバイアウトローンも含まれる。

Shrinking Borrowings

China M&A loans declined 41 percent to $18.2 billion from 2016's peak

Source: Bloomberg data

NOTE: Volume was as of Dec. 20 for 2018, while others were for full-year

  中国政府が海外買収案件の審査を強化し、資本流出対策を進め、海外資産の買収は減少。その上、米中貿易戦争が続く中で外国の監督当局は中国絡みの買収案件に抵抗を示しており、環境の厳しさが続くとスタンダードチャータードのレバレッジド&ストラクチャードソリューション担当グローバル責任者リンドン・シュ氏(シンガポール在勤)はみている。

  「中国の買い手は今、様子見姿勢を一段と強め、規制と貿易摩擦を巡る視界がはっきりするのを待っている」と指摘し、「貿易を巡る緊張や外国の審査強化継続の行方に左右され、中国のM&A融資活動は低迷し続けるだろう」と語った。

Three-Year Low

APAC ex-Japan M&A loans slumped 53 percent to $46 billion from 2016's peak

Source: Bloomberg data

NOTE: Volume was as of Dec. 20 for 2018, while others were for full-year

原題:China M&A Loans Sink to 3-Year Low as Trade War Curbs Demand (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE