コンテンツにスキップする
Photographer: John Taggart/

クレジット市場の売り、遂にCLOにも波及-スプレッド拡大

  • 原資産であるレバレッジドローンで見られた弱さが追いついた
  • レバレッジドローンの価格、今週はここ2年余りの安値水準
Buildings stand on Wall Street near the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S.
Photographer: John Taggart/

企業向け融資をパッケージしたローン担保証券(CLO)は今年最もホットな商品の一つだったが、ここへ来て冷め始めた。

  ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)に対するCLOのスプレッド(上乗せ利回り)は流通市場で拡大。シティグループによると、トリプルBクラスのCLOのスプレッドは月初から最大60ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)拡大した。

  ここ数カ月にクレジット市場全般、特にCLOの原資産であるレバレッジドローンで見られた弱さが、CLOにも追いついた形だ。

relates to クレジット市場の売り、遂にCLOにも波及-スプレッド拡大

 

  バンク・オブ・アメリカ(BofA)は14日の調査リポートで、投資家が適時に売却できないリスクや米利上げ回数が想定よりも少なくなる可能性がCLO市場の突然の弱さの原因だと分析。

  クリス・フラナガン氏らアナリストは「年末に向けて流動性が引き続き問題だ。多くの投資家が様子見をしている」と指摘し、「CLOは今四半期前半には他の商品に比べスプレッド拡大が小さかったので、今後に追いつく余地がまだ幾分あるだろう」と記した。

  レバレッジドローンの価格は10月から下落し、今週はここ2年余りの安値水準となった。米利上げ回数の予想後退に伴い、変動金利商品の魅力が薄れた。

原題:CLOs Are Finally Taking a Beating Like Rest of Credit Market (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE