FOMCが今年4度目の利上げ、来年の利上げ予測は2回に減少

更新日時

パウエルFRB議長

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

米連邦公開市場委員会(FOMC)は18-19日に開いた定例会合で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を2.25-2.50%のレンジへ引き上げた。2019年の利上げ見通しは前回予測の3回から、2回に減少した。

声明全文はこちらの記事をご覧ください

  利上げは今年に入ってから4度目。最近の株価急落を無視し、トランプ大統領からの圧力に逆らう格好となった。金融当局は来年の利上げ回数予想を減らすことで引き締め休止が近づいている可能性を示唆したが、予想中央値では2020年にはなお1回の利上げを見込んでいる。

  パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長率いるFOMCは声明で、「経済活動は力強いペースで拡大している」と指摘。見通しに対するリスクは「おおよそ均衡している」としながらも、世界経済の軟化が及ぼす脅威に注意を促した。

  声明には「引き続き世界の経済・金融情勢を注視し、経済見通しへの影響を精査する」と記述されている。今回の利上げは賛成10、反対ゼロの全会一致での決定だった。

  パウエル議長は記者会見で、力強い労働市場や賃金上昇など経済のプラス面と、成長鈍化を示唆する動向の両方を指摘。比較的落ち着いた物価動向により、政策決定には忍耐強くなれる余地があると話した。

  トランプ大統領はツイッターで前日まで2日連続でFOMCを批判し、金利据え置きを求めていた。景気への不安も強まり、S&P500種株価指数は最近数週間、下落基調にある。

  パウエル議長は記者からの質問に対し、政治的な配慮は政策決定に一切影響しないと言明。ホワイトハウスからの圧力について問われると、「われわれは、これまで常にやってきた方法で責務を遂行する」と答えた。さらに、金融当局は独自に分析し、「その分析から逸脱すべき根拠は一切存在しない」と話した。

  パウエル議長が会見でバランスシートを正常化する政策について、変更は想定しないと述べたことを受け、株式市場は一段安となった。

  FOMCは声明の主要な文言も変更した。金利を「漸進的にさらに幾分か引き上げること」が必要になる公算が大きいと「判断している」とし、前回声明の「さらなる漸進的な引き上げ」が必要になると「見込んでいる」から変えた。

  中立金利に関する当局者の予想中央値は2.75%と、前回予測の3%から低下した。2021年末時点の政策金利の予想中央値は3.1%。前回の3.4%からの低下となった。

休止の可能性

  2018年の4四半期ごとの利上げを少なくとも休止する水準に金利が近づきつつあるとの認識が広がっている。

  今回の0.25ポイント利上げや文言の変更、金利予測の変更を総合的に判断すると、景気への信頼感は続いているが、将来の利上げ幅やペースを巡り慎重な姿勢を強めていることも示唆している。パウエル議長が言及したように、FOMCは先行きを見ながら、景気の動向に沿って行動するとみられる。

  金利先物動向によると、市場は2019年に最大でも1回しか利上げを予想しておらず、金融当局よりも悲観的な見方をしている。

  FRBは超過準備の付利(IOER)について、20ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)の引き上げにとどめた。通常はFF金利誘導目標の引き上げ幅である25bpに合わせることが多い。6月も同様の上げ幅にとどめていた。実効FF金利を誘導目標レンジにとどめることが狙い。

  • 2020年と21年のGDP予測はそれぞれ2%増、1.8%増と前回の予測から変わらず。長期予想は1.9%増と、前回の1.8%増から上方修正
  • 19年失業率の予想中央値は前回と同じ3.5%、20年は3.6%と前回の3.5%から上方修正。長期予測は前回の4.5%から4.4%に下方修正
  • 19年のPCE価格指数とコアPCE価格指数はそれぞれ0.1ポイント下方修正され、1.9%と2%
  • 11月26日に宣誓就任したミシェル・ボウマンFRB理事にとって今回は初めてのFOMC会合。同氏はカンザス州銀行監督官を務めていた

原題:Fed Raises Rates, Trims Forecast for Hikes in 2019 to Two (2)(抜粋)

(議長会見や経済予測を加え、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE