コンテンツにスキップする

世界の自動車業界が「リセッション」入りの公算、09年以降初

Most U.S. Autos on Lots Since 2005 Has Ford Lead Output Cut

Photographer: Daniel Acker / Bloomberg

Most U.S. Autos on Lots Since 2005 Has Ford Lead Output Cut

Photographer: Daniel Acker / Bloomberg

世界の自動車業界は金融危機以降で初めての継続的な生産減に向かっていると、RBCキャピタル・マーケッツが指摘した。

  同社のアナリスト、ジョセフ・スパック氏は19日付のリポートで、世界のライトビークル生産台数は7-9月(第3四半期)に2.9%減少したと指摘。10-12月(第4四半期)には約4%の減少を見込むとした。2四半期連続の減少は2009年以降で初めてになるという。

  IHSオートモーティブとRBCの推計によれば、今年の生産台数は約9460万台と、前年比で0.6%減少する見通し。生産台数は19年にも減少し(0.4%減)、20年に小幅な増加が戻ると予想している。

Out of Gas

Global automotive production may slip this year and next, RBC says

Source: IHS Automotive, RBC Capital Markets estimates

Note: Figures from 2018 onward are projections

原題:The Global Auto Industry Is Likely in First Recession Since 2009(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE