コンテンツにスキップする

フェイスブックに新たな試練、多数の人権団体が経営陣交代を要求

  • 全米LGBTQタスクフォースなど30余りの団体が連名で書簡送付
  • ザッカーバーグ氏の会長辞任やサンドバーグ氏の取締役解任求める

フェイスブックは自社のプラットフォームを通じたロシアの米大統領選挙への干渉を巡る批判に揺れる中、今度は30余りの人権団体から経営陣の交代を求められている。

  ムスリム・アドボケーツやムーブオン、南部貧困法律センター、全米LGBTQタスクフォースなどの団体は連名の書簡で、マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)の取締役会長辞任を要求。シェリル・サンドバーグ最高執行責任者(COO)の取締役解任のほか、多彩なユーザーベースを反映させた取締役3人の追加とポリシー担当幹部のジョエル・カプラン、ケビン・マーティン両氏の解雇も求めた。

Facebook CEO Mark Zuckerberg Testifies Before House Panel On Data Security Lapses

マーク・ザッカーバーグ氏

写真家:Andrew Harrer / Bloomberg

  各団体は「脆弱(ぜいじゃく)なコミュニティーや人権団体に対する偏見や憎しみを生み出す上でのフェイスブックの役割に深い失望を表明するために書簡を記した」と説明。現在の経営陣が人権団体の正当な懸念に適切に対処できないことは極めて明確になっていると指摘した。

  サンドバーグ氏はブログ投稿で、「人権に関する監査は私にとって極めて重要で、2019年の最優先事項の1つだ。その進展状況を見守り、そうした動きが確実に十分な資金力を備えた全社的取り組みとなるようコミットしている」と主張した。

原題:Facebook Urged to Change Leadership by Group of Nonprofits (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE