コンテンツにスキップする

クアルコム、アップルは中国iPhone差し止めへの真剣な対応必要

  • 決定はソフト更新で自動的に回避することはできない-クアルコム
  • クアルコムは販売差し止めを最新モデルにも拡大することを目指す
Apple iPhone 7 And Apple Watch Series 2 Go On Sale in China

Photographer: Qilai Shen / Bloomberg

Apple iPhone 7 And Apple Watch Series 2 Go On Sale in China

Photographer: Qilai Shen / Bloomberg

米クアルコムの法務顧問ドン・ローゼンバーグ氏は、中国の裁判所が「iPhone(アイフォーン)」の一部モデルの販売差し止めを認めたことについて、米アップルは真剣に受け止める必要があると述べた。

  クアルコムがアップルによる特許侵害を主張したことを受けて中国の裁判所が先週下した販売差し止めの決定は、アップルが主張するようにソフトウエアや基本ソフト(OS)の更新によって自動的に回避することはできないと、ローゼンバーグ氏は指摘。クアルコムは販売差し止めの対象をアイフォーンの最新モデルにも拡大することを目指していると、同氏は18日放映のブルームバーグテレビジョンのインタビューで述べた。

  ローゼンバーグ氏は「それは極めて真剣に受けとめる必要のあることだ」と指摘し、裁判所の決定は「現在のアップルの売り上げを損ねつつあるはずだ」と述べた。

クアルコムの法務顧問ドン・ローゼンバーグ氏は、アップルに対する特許侵害訴訟での中国の裁判所の決定について語った

(出所:Bloomberg)

原題:Qualcomm Says Apple Needs to Take China IPhone Ban Seriously (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE