コンテンツにスキップする

トリカディアが複数のヘッジファンドを閉鎖へ-関係者

  • ピーク時に30億ドル超だった旗艦ファンドの運用資産が大幅減少
  • クレジット戦略ファンドと複数の口座の資産8億ドルを投資家に返還

トリカディア・キャピタル・マネジメントが複数のヘッジファンドを閉鎖する見通しだ。ヘッジファンド業界では閉鎖に追い込まれるファンドが相次いでいる。

  事情に詳しい複数の関係者によれば、トリカディアの旗艦ファンドであるクレジット・ストラテジーズ・ファンドの運用資産は2014年のピーク時に30億ドル(現在のレートで約3400億円)を上回っていたが、その後の大幅減少を受けての閉鎖となる。同ファンドに加え、別途運用していた複数の口座の資産約8億ドルを向こう数カ月以内に投資家に返還する見通しだ。同社は既にコンベクシティー・ファンドから約1億5000万ドルを顧客に返還したという。

  トリカディアは、アリフ・イナヤトゥラー氏とマイケル・バーンズ氏が03年に共同で創業。金融危機のさなかに好調だった数本のファンドの一つだが、その後は困難な状況に陥った。トリカディアのリターンが低迷し、幹部の退社が相次ぐ中で投資家も資金を引き揚げた。法務顧問のジェームズ・マッキー氏はコメントを控えた。

  イナヤトゥラー氏とバーンズ氏は共にUBSウォーバーグのストラクチャード・クレジット・アービトラージ部門で勤務していた。資産家ダニエル・ローブ氏が16年に3兆ドル規模のヘッジファンド業界について、「大失敗の最初のイニングだ」と表現して以降、長年の実績がある多くの資産運用会社が閉鎖に追い込まれている。今年は幾つかの著名ファンドを含め閉鎖されたファンドの数が設定されたファンドの数を3年連続で上回っている。

原題:Tricadia Is Said to Shut Its Hedge Funds Amid Slew of Closures(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE