米中は1月に貿易協議を計画-ムニューシン米財務長官インタビュー

  • 3月1日までの「合意内容の文書化」に向け両国が重点的取り組み
  • 貿易問題と華為技術の問題は別-先週の大統領発言を軌道修正

ムニューシン米財務長官

Photographer: Al Drago/Bloomberg
Photographer: Al Drago/Bloomberg

ムニューシン米財務長官は18日、米中両国は貿易戦争のより幅広い「休戦」を交渉するため来年1月に協議を行う計画であることを明らかにした。ただ、その前に直接の話し合いを持つ可能性は低いとした。

  ムニューシン長官はブルームバーグのワシントンオフィスでインタビューに臨み、両国はこの数週間に数回の電話協議を行ったが、まださらなる正式協議を立案している段階だと説明した。

  同長官は、「われわれは幾つかの会合のロジスティクスを確認している段階にあるが、時間を効率的に使い問題解決に努める決意だ」と発言。両国とも現在、関税を巡る米中間の休戦が終了する3月1日までに「合意内容を文書化」しようと集中に取り組んでいるとし、「1月中に協議が開かれるとわれわれは予想している」と述べた。これまで米政府は協議の時期について具体的に言及していなかった。

  ムニューシン長官はまた、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)の孟晩舟最高財務責任者(CFO)がカナダで逮捕された今月1日に自分とトランプ大統領は中国の習近平国家主席と夕食を共にしたが、その時点で2人とも孟CFOの逮捕を知らなかったと述べた。

  同長官は、対中貿易交渉での合意に役立つなら孟CFOの問題に介入するとのトランプ大統領の先週の発言について、「2つの問題は別個だとわれわれは非常に明確にしてきたし、中国はそれを理解している」と述べた。

  ムニューシン長官はさらに、自分とトランプ大統領は華為技術の問題について「直接の話し合い」をしていないと語った。さらに、財務省が華為に対してより幅広い措置を準備しているかについてはコメントを控えた。

原題:Mnuchin Says China and U.S. Planning for Trade Talks in January(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE