イタリア、予算でEUと非公式合意-欧州委が承認なら19日に発表

更新日時
  • EU当局者との間で実務的合意が成立したと経済財務省の報道官
  • 欧州委が19日にブリュッセルで開く会合で承認するとイタリアは期待

イタリアのポピュリスト政権は、予算計画を巡る同国への制裁回避に向け、欧州連合(EU)側と非公式合意に達した。EUの行政執行機関である欧州委員会が、19日にブリュッセルで開く会合で合意を承認するとイタリア側は期待している。

  イタリア経済財務省の報道官は18日、EU当局者との間で予算に関する実務的合意が成立し、19日に正式発表される見通しだと匿名を条件に明らかにした。欧州委の会合後、正午前後にEU側が協議の結果について説明する予定。

  首相官邸の当局者1人は、コンテ首相とモスコビシ委員(経済・財務・税制担当)およびドムブロフスキス副委員長とのやりとりで得られた感触に基づき、イタリアが提示した最新の修正案を欧州委が肯定的に評価すると期待していると語った。

  イタリア政府は同国への「過剰財政赤字是正手続き(EDP)」を開始しないようEU側を説得するため、2019年予算計画を約40億ユーロ(約5100億円)圧縮し、財政赤字目標を当初の国内総生産(GDP)比2.4%から2.04%に引き下げた。欧州委は当初の予算計画がEUの財政基準に違反するとして制裁手続き入りを勧告していた。

原題:Italy Sees Peace Deal With EU as Commissioners Meet on Budget(抜粋)

(首相官邸の当局者の発言などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE