中国・香港株が下落、上海総合は11月下旬以来の安値-習氏演説に失望

更新日時
  • 上海総合指数は前日比0.8%安-創業板指数も下落
  • 改革開放40周年の演説で具体策への言及期待すべきでない-戴明氏

18日の中国株式相場は下落。共産党の習近平総書記(国家主席)が改革開放40周年大会で演説したが、株式市場の地合いを改善させるには不十分な内容だった。

  上海総合指数は前日比0.8%下落し、11月29日以来の安値で終えた。テクノロジー銘柄が多い創業板(チャイネクスト)指数は0.5%安。香港株式市場ではハンセン指数は1.1%下げた。

  珩生鴻鼎資産管理の戴明ファンドマネジャー(上海在勤)は習氏の演説について、改革開放40年を記念するものであり、「具体策への言及を期待すべきではない」と指摘。投資家は政策のトーンを探るため中央経済工作会議を待つべきだと話した。

原題:Chinese Stocks Drop as Xi’s Milestone Speech Disappoints Traders(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE