コンテンツにスキップする

レバレッジドローン市場、CLO発行減少が直撃

  • 12月前半CLOの販売は前年同期に比べ25%減少
  • レバレッジドローンの価格は2年余りで最低に落ち込んでいる

法人向けローンの最大の買い手であるローン担保証券(CLO)発行会社からの買いが細っていることが、レバレッジドバイアウト向けのローンの市場に打撃を与えている。

  ローンを買い取りCLOに組成する運用会社の活動が減速し、12月前半CLOの販売は前年同期に比べ25%減少した。11月は前年同月比10%減。

  CLO発行会社はジャンク級(投機的格付け)の企業向けローンのほぼ半分を買い取る。こうした運用会社からとリテール投資家からの需要が後退したことで、レバレッジドローンの価格はこの2年余りで最低に落ち込んでいる。CLO発行減とローン価格下落は、2年余りにわたってローンあるいは企業債務全体の市場を膨らませてきた力が脆弱(ぜいじゃく)で簡単に逃避することを浮き彫りにしている。

  オクタゴン・クレジット・インベスターズのポートフォリオマネジャー、ローレン・バスマダイン氏は「今は停止状態だ」とし、「落下してくるナイフをつかもうとする者はいない」と話した。

Demand weakens for U.S. leveraged loans

原題:Leveraged Loan Market Is Getting Hit by Falling CLO Issuance(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE