【NY外為】ドル下落-米10年債利回りが8月以来の低水準

更新日時
  • FOMC声明発表を翌日に控え、ドルは利益確定売り
  • 原油安を受けカナダ・ドルとノルウェー・クローネ下落

18日のニューヨーク外国為替市場ではドル指数が続落。米10年物国債利回りが8月以来の低水準となったことが材料。ただ、ドル指数は取引後半に下げ幅を縮小した。

  年末を前にしているほか、米連邦公開市場委員会(FOMC)声明の発表を翌日に控えてドルは利益確定売りに押された。トランプ大統領はツイートで、米金融当局が新たな「誤り」を犯さないよう警告し、追加利上げをけん制した。

  米10年債利回りは前日比4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.82%と、8月27日以来の低水準。原油安を受け、資源国通貨のカナダ・ドルとノルウェー・クローネはドルに対して下げた。カナダ・ドルは年初来安値を付けた。

  ニューヨーク時間午後4時56分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%の下げ。ドルは対円では0.3%安の1ドル=112円51銭。ユーロはドルに対して0.2%上昇し、1ユーロ=1.1365ドル。カナダ・ドルは対米ドルで0.4%安、ノルウェー・クローネは同1%下落した。

欧州時間の取引

  ブルームバーグのドル指数が下落。世界的な株安と米国債相場上昇(利回り低下)の中、ノルウェー・クローネを除く主要10通貨の全てに対して下げた。

原題:Dollar Trims Loss; Loonie to 2018 Low as Oil Drops: Inside G-10(抜粋)
  Dollar Slides With Treasury Yields, Kiwi Rallies: Inside G-10(抜粋)

(詳細を追加し、相場を最新にして更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE