コンテンツにスキップする

J&J株が大幅続落-CEOがベビーパウダーの安全性確信と表明でも

  • ベビーパウダーにアスベスト含有があったことを把握との報道が材料
  • 17日終値は2.9%安、前週末は10%安

17日の米株式市場でヘルスケア製品メーカーの米ジョンソン&ジョンソン(J&J)が先週末の急落に続き大きく下げた。

Johnson & Johnson Chief Executive Officer Alex Gorsky Interview

アレックス・ゴースキー氏

撮影:Christopher Goodney / Bloomberg

  ロイター通信は先週、J&Jのベビーパウダーにアスベストが含まれることが時々あったことを同社が数十年間にわたり把握していたと報じた。これを受け、J&Jのゴースキー最高経営責任者(CEO)はビデオで、同社はタルク(滑石)を原料とするベビーパウダーの安全性に引き続き自信を持っていると語ったが、株価下落が収まる兆しは見えなかった。

  J&Jの17日の株価終値は2.9%安の129.14ドル。前週末の14日には10%下げていた。

原題:J&J Heads for Worst Two-Day Drop Since 2002 as Selling Ramps Up(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE