コンテンツにスキップする

逆イールド、カーブ全体に広がるかー債券トレーダーが「ドット」注視

  • 現在の市場のコンセンサスは「ハト派的な利上げ」
  • タカ派的利上げとなればカーブはますますフラット化とリンゲン氏
Trading On The Floor Of The NYSE As Tech, Oil Bear Market Drop U.S. Stocks
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg
Trading On The Floor Of The NYSE As Tech, Oil Bear Market Drop U.S. Stocks
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

債券トレーダーは今週の米利上げをほぼ確信しており、来年の金利予想と景気見通しが連邦公開市場委員会(FOMC)の焦点となる。市場の一部で起こっている逆イールドがカーブ全体へと波及するかどうかに影響する。

  トレーダーは来年の利上げ継続を疑問視するとともに、世界の経済成長にも懸念を抱く。2年物米国債と10年物の利回り格差も既に、2007年以来のマイナスに近い。こうした中で、FOMCの19年見通しに注目が集まる。

  BMOキャピタル・マーケッツの米金利戦略責任者イアン・リンゲン氏は、FOMCメンバーがドット・プロットで来年3回の利上げ見通しを確認すれば、カーブはさらにフラット化するだろうと話す。

  「本物のリスクはドット・プロットに変化がなく、当局は利上げをし、全体としてタカ派的なコメントをすることだ。そうなれば予想外だろう。現在のコンセンサスは『ハト派的な利上げ』だと思われるからだ。『タカ派的』利上げとなればカーブはますますフラット化するだろう」と同氏は話した。

Traders wonder if 2s10s gap will follow others into inversion

原題:Bond Traders Ponder Next Inversion as Fed Dots Take Center Stage(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE