コンテンツにスキップする

ボーイング、中国施設からの初の737引き渡し-通商摩擦でも

  • 機体はどう見ても「米国製」だが、米国外で初めて出荷された
  • 新施設でいずれ737MAX年間100機の最終仕上げを行う計画

ボーイングは中国で初めて完成させた同社旅客機737MAXを中国国際航空に納入した。くすぶる米中貿易摩擦を横目で見つつ、中国での製造に足を踏み入れた。

  この旅客機はどう見ても「米国製」だが、米国外で出荷される機体としては同社初。上海の南東90マイル(約145キロメートル)に位置する舟山にある最終仕上げおよび引き渡しセンターの操業開始を記す。この施設の最終仕上げ部門は国有の中国商用飛機(COMAC)との合弁事業だ。

Boeing Facility in China

舟山にある737MAXの最終仕上げおよび引き渡しセンター

出典:ボーイング社

  ボーイング・チャイナのジョン・ブランズ社長は15日に記者団に対し、舟山の施設について「こうした規模での展開は、当社の歴史の中で本当にわくわくする瞬間だ。この市場に対する当社のコミットメントをまさに示している」と語った。

  ボーイングが製造する約4機に1機は中国向けで、中国の航空会社は同社の最大の収益源である737の最大の買い手。

  ボーイングは舟山の新施設でいずれ737MAX年間100機の最終仕上げを行う計画だ。ブランズ社長は本格稼働の時期については言及を控えたが、従業員の熟練に応じて「徐々に向上する」と説明した。約75人の従業員の大部分はボーイングの米社員で、新たに採用された従業員の育成を手助けするため一時的に駐在する。

  ブランズ社長によると、舟山の施設の塗装部門がまだ稼働していないため、中国国際航空に今回納入された機体は米国で塗装された。中国では内装の総仕上げが行われたが、「作業指示はかなり限定的」だったという。

Boeing China President John Bruns

ジョン・ブランズ社長

Souce:ボーイング社

原題:Boeing Delivers First 737 From China Plant as Trade War Simmers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE