コンテンツにスキップする

イタリア連立政権、予算案で合意か-「全て一致」とサルビーニ氏

更新日時
  • 予算案が「EUの気にいる範囲」に収まるとサルビーニ副首相
  • コンテ首相は2人の副首相およびトリア財務相と16日夜に会談

イタリアのポピュリスト連立政権のパートナーは2019年予算案に対する欧州連合(EU)の承認を得て「過剰財政赤字手続き」を回避することを目指し、意見が対立する予算案の主要部分で合意を探った。

  コンテ首相は予算案が最終決着に十分近い内容かどうか確認するため、同盟の書記長を務めるサルビーニ副首相兼内相、五つ星の党首であるディマイオ副首相兼経済発展相、トリア財務相と現地時間16日午後8時(日本時間17日午前4時)ごろからローマで会談した。首相報道官が明らかにした。

  ANSA通信によると、サルビーニ副首相は長時間に及んだ会談終了後、「われわれはあらゆることで合意に達した」と述べ、予算案が「EUの気にいる範囲内」に収まるだろうと説明した。

  国内総生産(GDP)比2.04%という財政赤字目標達成を可能にするため、イタリア政府が約30億ユーロ(約3850億円)の追加財源を確保したと先に伝えられたが、サルビーニ氏は数字の確認を避けた。

  16日付のイタリア紙コリエレ・デラ・セラなどが報じたところでは、EUの行政執行機関である欧州委員会とイタリア政府との隔たりは縮まってはいるが、構造的赤字圧縮の財源として35億ユーロの追加の手当てを政府は求められている。

  ディマイオ副首相は予算案を巡るローマでの会談後、ANSA通信に対し、最低所得保障を公約通り政府は維持する方針だと語った。

EU Leaders Summit With Danger Of No-Deal Brexit Increasing

イタリアのコンテ首相

写真家:Jasper Juinen / Bloomberg

原題:Italy Coalition Seeks Budget Accord in Bid to Reach EU Deal (2)
Italy to Trim Deficit Goal in Budget Deal Aimed at EU, Ansa Says
(抜粋)

(サルビーニ副首相の発言などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE