コンテンツにスキップする

英首相、譲歩なければ離脱案は「終わり」と独仏首脳に警告

  • EUがさらなる保証を与えない限り離脱交渉終わると伝えたと関係者
  • メイ首相はオランダのルッテ首相、EU大統領とも会談したという

欧州連合(EU)は13、14日に開いた首脳会議で、離脱合意案への議会承認実現のために助けを求めるメイ英首相の要請を拒否したが、その後フランスのマクロン大統領とドイツのメルケル首相に対し、EU側が譲歩しない限り、離脱案が終わるとメイ首相が個別に警告を発していたことが分かった。

  事情に詳しい関係者の1人によれば、メイ首相はブリュッセルで開かれた首脳会議が14日に終了する際、独仏首脳および、オランダのルッテ首相、トゥスクEU大統領(常任議長)との15分間の非公式な会談で、そのようなメッセージを伝えた。

  離脱案を巡り英国内で最も異論の多い、アイルランド国境へのハードボーダー(物理的壁)設置の回避を保証する「バックストップ」条項について、EU側がさらなる保証を与えない限り、英国とEUが1年半続けてきた離脱交渉は終わりを迎えるだろうとメイ首相が4人に警告したという。
  

Brexit Back On The Agenda At EU Summit

マクロン仏大統領と話すメルケル独首相の背後に立つメイ英首相(12月13日)

写真家:Dan Kitwood /ゲッティイメージズ

原題:May Said to Warn Merkel, Macron Their Brexit Deal Is Nearly Dead(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE