英国民投票、2度目はない-模索したとの報道をメイ政権が否定

メイ首相

Photographer: Jasper Juinen/Bloomberg
Photographer: Jasper Juinen/Bloomberg

欧州連合(EU)離脱の是非を問う2度目の国民投票を英政権が検討しているとの報道に対し、メイ政権は事実ではないと否定した。

  メイ首相の右腕とされるデービッド・リディントン議員とバーウェル首席補佐官は、国民投票について両氏が協議したとの新聞報道を受け、投票実施は良い選択肢ではないと言明した。メイ首相も「国民の投票」を主張するブレア元首相に痛烈な批判を浴びせた。

  メイ首相は「トニー・ブレア氏がブリュッセルに出向いて、2度目の国民投票を推すことでわれわれの交渉を妨害しようとするのは、同氏がかつて勤務した首相府と同氏が仕えた国民への侮辱にあたる」とのコメントを発表。「ブレア氏ならそうするだろうが、われわれがこの決定に対する責任を放棄するのはあり得ない」と述べた。

  2度目の国民投票を巡る臆測は高まっている。メイ首相は先週、EU離脱合意を巡る議会採決を延期し、保守党党首の不信任投票を乗り切ったものの、EUから合意を取り付ける時間は限られ、選択肢は無くなりつつある。

原題:May’s Team Reject New Brexit Referendum After Week of Crisis(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE