コンテンツにスキップする
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

1兆ドル規模の米レバレッジドローン、市場の運命握る日本の銀行

更新日時
  • 人気を集めたローン市場、最近では資金引き揚げが目立つ
  • 日本の銀行はトリプルAのCLOの4分の3を購入している可能性
Mount Fuji stands behind illuminated buildings as the sun sets in Tokyo, Japan.
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

日本の銀行は高債務の米企業向けローン債権の3分の1相当を購入し、同市場の規模が1兆ドル(約113兆4000億円)を超えるのを後押しした可能性がある。UBSグループの新たな推計が示唆した。

  バランスシートの弱い企業向けの融資であるレバレジッドローン。長引く低利回りの影響で、こうしたローンの市場へと、投資資金は流れた。こうした融資の債権は、金利上昇を懸念する投資家に逃避先として購入が持ちかけられ、多くの場合、投資家を保護する目的で信用を補強し、ローン担保証券(CLO)に組成された。

  ウォール街で最もホットな商品として注目されていたローンの市場にも、ひび割れが見え始めている。12日終了週には過去最大の25億3000万ドルが、レバレッジドローン・ファンドから引き揚げられた。またウェルズ・ファーゴとバークレイズは最近、4億1500万ドル規模の案件を取り下げた。シティグループが調査対象とする米レバレッジドローンのうち、額面を上回って取引されているのはわずか0.9%。つい数カ月前には70%を超えていた。

  UBSによると、日本の銀行は最上級のトリプルA格付けのCLOを購入している。同等格付けの国債より利回りが高いからだ。過去数年にこのアセットクラスに流入した資金のうち、日本の銀行が約33%を占めていたという。この需要が弱まる可能性はあるものの、日本勢からの投資は最近売りを浴びている市場に安定を与えるかもしれないと、UBSは指摘する。

  スティーブン・カプリオ氏らアナリストはリポートで、「日本勢による米ローン買いはそう簡単には崩れないだろう」と指摘する。「大半の日本の銀行は満期まで保有する。信用損失の見通しが鮮明になり、リセッションのリスクが今より大きく上昇する状況にならない限り、アウトライトの売りはかなり限られるだろう」と分析した。

  UBSのデータと分析によると、日本の銀行は格付けがトリプルA級のCLOトランシュの半分から4分の3程度を購入する可能性がある。日本勢の買いがなければ、トリプルA級CLOのスプレッドは少なくとも2014年の水準に戻る、つまり50ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)拡大するだろうと、UBSが見積もった。

U.S. loan prices slip further to 26-month low

原題:Fate of $1 Trillion in Risky U.S. Loans May Be in Japan’s Hands(抜粋)

(最終段落に加筆し更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE