ポンペオ国務長官:中国のカナダ人拘束は「不法」、帰還させるべきだ

  • 貿易摩擦や華為技術幹部の逮捕で米中間の緊張は既に高まっている
  • カナダ外相も司法手続きに介入できないとの立場をあらためて示す

ポンペオ米国務長官は14日、中国当局がカナダ人2人を拘束したことについて、「不法」だと指摘した。通商摩擦に加え華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)の孟晩舟最高財務責任者(CFO)のカナダでの逮捕で既に高まっている米中間の緊張が、こうした発言でさらに悪化する恐れがある。

  ポンペオ長官はワシントンでの会見で、「カナダ人2人の不法な拘束は受け入れられない。彼らを帰還させるべきだ」とした上で、「米国はわが国の国民であろうと他国民であろうとそれを支持している。世界の全ての国に対し他国民を適切に扱うことを求める。カナダ人2人の中国での拘束は終わらせるべきだ」と強調した。

  同長官と並んで会見したカナダのフリーランド外相も、司法手続きに介入できないとの同国の立場をあらためて表明。対中貿易交渉での合意に役立つならば、華為の孟CFOの件に介入する可能性をトランプ大統領が今週示唆したことに異議を唱える姿勢を示した。

原題:Pompeo Joins Trudeau in Decrying China’s Arrest of Canadians (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE