スウェーデン議会:第2回目の首相承認を否決、再選挙への道近づく

スウェーデン議会は14日、首相不在の状況を打開するため、第2回目の首相承認投票を実施したが、前首相でもある社会民主労働党ロベーン党首の承認は否決された。

  ロベーン氏は9月の信任投票に敗れ辞任に追い込まれて以来、暫定首相を務めている。同氏は引き続き暫定首相の地位にとどまる。スウェーデンでは再選挙に踏み切る前に4回の首相指名投票を行う必要があり、今回はその2回目だった。

原題:Sweden Moves Step Closer to New Election as Lofven Loses PM Vote(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE