フランス:華為、禁止しないが一部アクセス事実上不可に-関係者

  • マクロン大統領が大幅な規制強化推進、「高度警戒」リスト追加
  • 通信最大手CEO、国内5G通信網に華為製品使わないと明言

中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)の孟晩舟最高財務責任者(CFO)が、対イラン制裁違反を主張する米国の要請を受けてカナダで逮捕されたが、大西洋の向こう側でも同社に対する新たな規制の動きが見られる。

  ドイツテレコムは調達戦略を見直していると表明。通信ネットワークの最重要な部分を守るためのセーフガード措置を持つフランスもまた華為に厳しい対応をとりつつある。華為の通信インフラ製品を巡っては、米国と日本、オーストラリア、ニュージーランドが事実上の排除を決めた。

  フランスは華為製品の禁止ではなく、巧妙に華為を標的とした「高度警戒」リストに関連項目を追加することを検討している。

  ブルームバーグ・ニュースが取材した関係者15人によれば、マクロン大統領は規制の大幅な強化を推進。フランスの通信各社は第5世代(5G)移動通信ネットワークの構築に向けサプライヤー探しに着手しようとしているが、法改正と規制変更を通じて同国の通信インフラの一部に華為がアクセスできなくなりつつある。

  仏最大の通信会社オランジュのステファン・リシャール最高経営責任者(CEO)は13日のラジオインタビューで、「慎重さを求めるフランス当局からの要請」により同社は国内の5G通信網に華為製品を使わないと明言。「中国勢はスパイだというような幻想がある。一方で、用心するに越したことはないという原則もある」と述べた。

  他のフランス通信事業者2社ブイグ・テレコムとアルティス傘下SFRは、5Gのサプライヤーについて仏国家情報通信システム安全庁(ANSSI)の指示を踏まえるとしている。大統領や首相、財務省の担当者は政府の5Gインフラ戦略に関してコメントを控えた。

原題:Huawei Woes Multiply as France Risks Becoming Next Challenge (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE