コンテンツにスキップする
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

米政府、2000億ドル対中関税の3月までの延期を正式通知へ

  • 来年1月1日に10%から25%に引き上げる計画だった
  • 今月の米中首脳会談で追加関税発動の90日猶予で合意していた
Container ships sit docked at the Port of Oakland in Oakland, California.
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

トランプ米政権は、中国からの輸入品2000億ドル(約22兆7200億円)相当への関税率を来年1月1日に10%から25%に引き上げる計画について、3月1日までの実施延期を正式に決める。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

  同関係者によると、14日に連邦公報で通知する。トランプ大統領と中国の習近平国家主席は12月1日のブエノスアイレスでの夕食会で、通商合意に向けた90日間の交渉期間中は追加関税を発動しないことで合意していた。

  ホワイトハウスからコメントは得られていない。

原題:White House Said to Officially Delay China Tariff Hike to March(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE