コンテンツにスキップする

中国が米映画の公開認可増やす、今年の収入目標達成支援で

  • ソニーの「スパイダーマン:スパイダーバース」など月内封切り
  • 中国では宣伝当局の認可なしに米映画を公開することはできない
relates to 中国が米映画の公開認可増やす、今年の収入目標達成支援で
Source: Illumination and U via Image.net
relates to 中国が米映画の公開認可増やす、今年の収入目標達成支援で
Source: Illumination and U via Image.net

中国の映画産業が今年の興行収入目標を達成できるよう、当局が国内で公開を認める米国の映画を増やした。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  非公開情報だとして匿名を条件に語った関係者によれば、2018年の興行収入を600億元(約9900億円)以上とする目標の達成を支える形で、宣伝当局がハリウッド映画の国内封切り日を12月最終週まで決めた。ソニーの「スパイダーマン:スパイダーバース」と「search/サーチ」やコムキャスト傘下ユニバーサル・ピクチャーズの「グリンチ」などが月内に公開されるという。

  香港国際映画祭の責任者アルバート・リー氏は「映画産業が繁栄しているとの印象付けを中国側は望んでいる。目標が毎年あり、今年は600億元だ。何本かのハリウッド映画の公開を認めるのが手っ取り早い方法の一つだ」と述べた。

  中国では宣伝当局の認可なしに米国の映画を公開することはできない。国務院の新聞弁公室にファクスでコメントを求めたが、すぐに返答はなかった。

原題:China Is Said to Approve Release of More U.S. Films to Meet Goal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE