EU首脳会議が法的効力ある宣言検討、英首相の議会対応支援-関係者

  • EU首脳会議、アイルランド国境問題への英議会の懸念緩和を議論へ
  • 1月に新たな宣言への署名でEU首脳会議招集の公算-EU当局者

欧州連合(EU)の首脳らは、英国のメイ首相が自国でEU離脱合意案が受け入れられるために求めている条件について少なくとも一部応じることを検討する。

  13日のEU首脳会議は、先月の英EU離脱合意案で最大の懸案事項であるアイルランド国境問題への懸念を緩和するための新たな宣言の発表について話し合う。EU外交当局者2人が匿名を条件に語ったところによると、その宣言は法的効力を持つものとなるが、まだ初期の段階だという。

  首脳会議は新たな宣言に署名するため1月に招集される可能性が高いという。

  同外交当局者2人によると、アイルランド国境問題を巡るバックストップ条項の終了日なども含まれる覚書を発行する是非を検討する。これは英国が離脱合意案により、EUの枠内に無期限にとどまりかねないとみる英議会の懸念を緩和することが目的という。

原題:EU Said to Mull Legal Lifeline to Help May Sell Brexit Deal (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE