コンテンツにスキップする

サウジが対米原油輸出を大幅削減へ、米製油所に通知

  • 原油在庫の積み上がりを抑制する取り組みの一環
  • 1月の対米原油輸出は30年ぶりの低水準を試す可能性も
Saudi Aramco's Ras Tanura oil refinery
Saudi Aramco's Ras Tanura oil refinery

Photographer: Simon Dawson / Bloomberg

Saudi Aramco's Ras Tanura oil refinery

Photographer: Simon Dawson / Bloomberg

サウジアラビアは米国市場への原油輸出を今後、大幅に削減する計画だ。原油在庫の顕著な積み上がりを抑制する取り組みの一環。

  国営石油会社サウジアラムコの計画について説明された関係者によると、米国の石油精製業者は、石油輸出国機構(OPEC)の減産合意を受けて来年1月のサウジからの出荷がここ数カ月よりも大幅に減る見通しについて通知を受けた。

  未公開情報だとして関係者が匿名を条件に話したところによれば、サウジの来月の対米原油輸出は、2017年遅くに記録した30年ぶり低水準である日量58万2000バレルを試す可能性もある。これは直近3カ月の平均を約40%下回る水準。最終的な数字は依然として変更の可能性があるという。

Empty Tank

Saudi crude shipments to the U.S. are set to drop sharply in January

U.S. Energy Information Administration

原題:Saudis Are Said to Target U.S. With Sharp Oil Export Cut (1)抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE