コンテンツにスキップする

ルノー、ゴーン氏の報酬に不正見つからず-CEO留任を決定

フランスの自動車メーカー、ルノーは内部調査の結果、カルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)の同社での報酬が法に準拠していると判断。取締役会はCEO留任を決定した。ゴーン氏は日本で、金融商品取引法違反の罪で起訴されている。

  2015-18年にゴーンCEOが得た報酬に関する予備調査の結果として、ルノーは13日、フランスの国内法ならびに業界の推奨に準拠しているとの見解を声明で発表した。

Nissan and Renault Chairman Carlos Ghosn Interview

カルロス・ゴーン氏

Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

  声明によれば、ルノー取締役会は13日に同社の弁護士からゴーンCEOが起訴された理由について説明を受けた。

原題:Renault Keeps Ghosn at Helm After Probe Finds No Pay Wrongdoing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE