コンテンツにスキップする

中国:来年の経済政策決める中央経済工作会議、19日から-関係者

  • 債務抑制に向けた取り組み損ねず追加の刺激策調整する必要
  • 「改革開放」40年を記念する会議も18日から招集予定

中国指導部は来年の経済政策運営の方針を決める中央経済工作会議を今月19-21日に開く。日程について説明を受けた複数の関係者が明らかにした。米国との貿易協議の期限である来年3月1日を前に市場アクセスを巡る米国側の懸念に対処する圧力が強まっている。

  例年、中国は中央経済工作会議で経済政策の優先課題を設定し、具体的な目標は来年3月の全国人民代表大会で公表する。米国との摩擦が続いており、来年は国内景気の減速と貿易を巡る先行き不透明感という難しい組み合わせに直面することになる。中国当局は債務抑制に向けた取り組みを損ねることなく追加の刺激策を調整する必要がある。

  関係者によると、中国は18日から「改革開放」40年を記念する会議も招集する予定だ。日程がまだ公になっていないとして匿名を条件に話した。国務院新聞弁公室に確認を求めたが、今のところ返答はない。

原題:China Meeting to Set 2019 Economic Polices Said to Start Dec. 19(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE