コンテンツにスキップする
Photographer: John Taggart

投資家は女性とマイノリティーに偏見-調査

  • モルガン・スタンレーは200人余りの投資家と貸し手を調査
  • 「誰もが思い込みや偏見を持っている。投資家も例外ではない」
Pedestrians walk past the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S., on Monday, Feb. 22, 2016. Stocks retreated with government bonds, while the euro rallied to the highest level in almost a month as investors looked past an unprecedented boost from European monetary policy to focus on rising anxiety that policymakers have lost the ability to jumpstart global growth and stave off deflation.
Photographer: John Taggart

白人以外の人や女性が経営者である企業は白人男性が率いる企業に比べ資金調達が難しい。その原因は投資家の偏見にあると、モルガン・スタンレーの最新調査が指摘した。

  同社は200人余りの投資家と貸し手を調査。資金の出し手は女性やマイノリティーの経営者が率いる企業が資金調達するための説明会にはあまり参加せず、参加した場合は高い基準を求めることが分かった。「誰もが思い込みや偏見を持っている。投資家も(意識しているかどうかにかかわらず)例外ではない」と、調査に加わった研究者らは書いている。「こうした偏見が白人以外や女性の企業の調達に有利に働くことはほとんどない」と指摘した。

  同行のジェームズ・ゴーマン最高経営責任者(CEO)は「こうしたギャップに光を当てることで、投資家がつかみ損ねている機会に気付かせるのが目的だ」とリポートに記している。

  女性やマイノリティーが率いる企業のパフォーマンスが市場平均を下回ると投資家が予想する確率は、白人男性の企業に比べ2倍になる。リポートによると、実際は白人以外の企業の業績は平均並み、女性の場合は上回る場合が多いという。

原題:Morgan Stanley Calls Out Investor Bias Against Women, Minorities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE