コンテンツにスキップする

トランプ米大統領、CFTC次期委員長に財務省高官を指名へ

  • 上院が承認すれば、ターバート氏がジャンカルロ委員長の後任になる
  • 17年に財務省入省-法律事務所アレン&オブリーの元パートナー

トランプ米大統領は米商品先物取引委員会(CFTC)の次期委員長に財務省高官のヒース・ターバート氏を指名する方針だ。ホワイトハウスが11日、声明で明らかにした。

  1年前から国際市場担当の財務次官補を務めているターバート氏は、世界的なデリバティブ(金融派生商品)市場の監視に当たるCFTCのジャンカルロ委員長の後任となる。ジャンカルロ氏は2014年からCFTCに在籍し、トランプ大統領は昨年、委員長に指名した。任期は来年4月までだが、同氏は退任時期に言及していない。ターバート氏の委員長就任には上院の承認が必要。

Senate Banking Committee Hearing On CFIUS Reform

ヒース・ターバート氏

写真家:Andrew Harrer / Bloomberg

  CFTCは金融危機以降の数年間で管轄が予算をはるかに上回るペースで拡大。CFTCはスワップや商品市場に加え仮想通貨市場の監視も担うようになったが、ジャンカルロ委員長の予算拡大要求ははねつけられている。

  財務省ウェブサイトに掲載の略歴によれば、ターバート氏は17年10月に同省に入省する前はワシントンの法律事務所アレン&オブリーのパートナーだった。上院銀行委員会の特別顧問や、ブッシュ元大統領(子)の副法律顧問を務めたこともある。

原題:Trump Picks Treasury Official to Lead U.S.’s Top Swaps Regulator(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE