華為技術の孟CFOの保釈認める、8.5億円で-カナダ裁判所判事

更新日時
  • 保釈の条件が満たされれば孟容疑者は勾留を解かれる
  • 孟容疑者にバンクーバーの一定地域内にとどまるなどの条件課す
Meng Wanzhou Photographer: MAXIM SHIPENKOV/EPA
Photographer: MAXIM SHIPENKOV/EPA

米国の対イラン制裁に違反した容疑で華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)の孟晩舟最高財務責任者(CFO)がカナダで逮捕された事件で、ブリティッシュコロンビア州最高裁は11日、孟容疑者の保釈を認めた。孟容疑者は今後米国に引き渡される可能性があるが、当面、バンクーバーの自宅にとどまることになる。

  同裁判所のウィリアム・エルケ判事は、1000万カナダ・ドル(約8億5000万円)の保釈金を現金と住宅資産で納付すると孟容疑者の夫、劉暁棕氏と孟容疑者の元同僚らが保証したことを受け、判断を下した。夫ら5人は引受人として、逃亡禁止など他の保釈条件の順守にも同意した。孟容疑者(46)は保釈条件に基づき、自宅にいる時は監視下に置かれるほか、中国旅券と香港旅券の押収にも応じる。

  エルケ判事は孟容疑者に対し、バンクーバーの一定地域内にとどまることに加え、衛星利用測位システム(GPS)追跡装置を身に付け、警護費用を支払い、予告なしでの警察の自宅訪問に同意するよう命じた。保釈条件が満たされた後に孟容疑者は保釈される。

  孟容疑者は今月1日、米当局の要請によりバンクーバーで逮捕された。米国は逮捕日から60日以内に、証拠をそろえて引き渡しを請求しなければならない。

  孟容疑者の逮捕後、中国政府は同容疑者は罪を犯していないと主張し、米国とカナダに抗議した。孟容疑者の父は、スマートフォンとネットワーク機器のトップ企業の1つ、華為技術の創業者、任正非氏。創業者の娘の逮捕は世界の金融市場を揺るがしたほか、米中関係を一段と緊張させた。

  米国は孟容疑者について、イランでビジネスを行ったスカイコムと華為との関係を隠ぺいし、国際的なイラン制裁に違反したと主張している。

原題:Huawei CFO Gains Bail in Canada as U.S. Seeks Extradition (1)(抜粋)

(保釈条件や背景などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE