コンテンツにスキップする

英EU離脱の行方はどこへ-ブラックロックも全く予測不能

  • 英内需関連株、合意なきEU離脱ならここから30%の下落も
  • 19年の欧州株はアンダーウエート、不透明性で欧州全体の見通し悪化
U.K. PM Theresa May Seeks EU Help To Unlock Parliament Impasse
Photographer: Jasper Juinen/Bloomberg
U.K. PM Theresa May Seeks EU Help To Unlock Parliament Impasse
Photographer: Jasper Juinen/Bloomberg

英国の欧州連合(EU)交渉の見通しを巡っては、世界最大の資産運用会社である米ブラックロックすら頭を悩ませる。

  ブラックロックの欧州株式チーム責任者、ナイジェル・ボルトン氏は11日にロンドンで開いた説明会で、「結果を予測するのは不可能だ」と発言。「弊社は比較的中立のスタンスを取っている。最終的にどう転ぶのか全く分からないからだ」と続けた。

Since the Brexit referendum, U.K. stocks have lagged major indexes in dollar terms

  EU離脱方針が決まった2016年の国民投票以降、英国の内需関連株は売られやすい状態が続いた。ボルトン氏によれば、英国が合意なし、または「悪い」形でEUを離脱する場合、こうした銘柄の株価はさらに3割下落し、利益が「大幅に」落ち込む恐れがある。

  ブラックロックは欧州内のポートフォリオでは英国をややアンダーウエートとしており、不透明性が続く間は英国について「あまり大きな賭け」はしないとボルトン氏は述べた。また英国のEU離脱を巡る不透明性は欧州全体の株式の見通しを悪化させているとし、ブラックロックは2019年の欧州株をアンダーウエートとしていると明らかにした。

原題:Even BlackRock Has No Idea Which Brexit Outcome Is Worth a Bet(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE