コンテンツにスキップする
Photographer: Andrew Harrer

ソフトバンク、エヌビディア株を来年売却する計画

  • 同社はこの取引で30億ドルの利益を得る可能性
  • 同社は米半導体メーカー、エヌビディアの4位株主
An Nvidia Corp. dual-core Tegra 2 chipset
Photographer: Andrew Harrer

ソフトバンクグループは米半導体メーカー、エヌビディアの株価が下落し続けているため、来年の早い時期にも保有する同社株を売却する計画だ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  事情が非公開として匿名を条件に語った関係者によると、ソフトバンクはこの取引で約30億ドル(約3400億円)の利益を得る可能性がある。最終決定には至っておらず、ソフトバンクは持ち株を維持するか、売却を一部にとどめることを選択する可能性もあるという。

  ソフトバンクの担当者、およびエヌビディアの担当者はコメントを控えた。

  ソフトバンクはエヌビディア株を保有しているが、投資家が持ち株を積み増しながら株価の下落をヘッジできる、いわゆる「カラー取引」を行っている。

  米中貿易摩擦のほか半導体メーカーの需要や成長見通しの悪化で、エヌビディア株は10月のピークから48%下落している。関係者によれば、株価急落でソフトバンクは持ち株を手放す方向に傾いたという。

  ソフトバンクは2017年前半にエヌビディア株の保有を30億ドルに積み上げ、4位株主となった。持ち株は後にソフトバンクの巨大テクノロジー投資ファンド「ビジョン・ファンド」に移管された。

原題:SoftBank Is Said to Plan Sale of Stake in Nvidia Next Year(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE