コンテンツにスキップする

ゴールドマン、一般投資家向け仕組み債プラットフォームを売却

  • SIMON株式過半数をJPモルガンなどで構成するグループが取得
  • ゴールドマンは少数株式を引き続き保有-金銭条件は不明
 Goldman Sachs & Co. logo

 Goldman Sachs & Co. logo

Photographer: Scott Eells
 Goldman Sachs & Co. logo
Photographer: Scott Eells

米銀ゴールドマン・サックス・グループは、一般投資家向けリテールブローカーによる仕組み債販売を支援するプラットフォーム「SIMON(サイモン)」の株式過半数をライバル行のグループに売却した。

  発表資料によれば、約6年前にスタートしたサイモンの株式過半数を取得したのは、JPモルガン・チェースとHSBCホールディングス、クレディ・スイス・グループのNEXTインベスターズで構成するグループ。ゴールドマンはサイモンの少数株式を引き続き保有するという。

  金銭面の条件は開示されていないが、事情に詳しい関係者はサイモンの評価額について、7500万ドル(約85億円)を若干上回ると以前述べていた。

SIMON Says

Goldman Sachs is among the largest issuers of retail structured notes

Source: Bloomberg

2018 issuance through Dec. 7.

原題:Goldman Sells Platform for Debt Aimed at Mom and Pop to Rivals(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE