グーグルとフェイスブック、豪州でも規制強化に直面

  • 豪競争・消費者委員会がプラットフォームの規制強化を勧告
  • 主要なアルゴリズムの運用が透明性を欠く状況にも懸念を表明

A sign featuring Google Inc.'s logo

Photographer: Ore Huiying/Bloomberg
Photographer: Ore Huiying/Bloomberg

グーグルとフェイスブックが、オーストラリア当局の規制強化に直面している。ニュース・広告全般に両社が行使する市場支配力やデータ利用への国際的な批判を受けた流れに豪競争当局も加わった。

  オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は10日公表した暫定報告書で、大手デジタルプラットフォームによる広告・ニュースのランク付けと表示の状況を監督当局は調査・監視すべきだと主張し、主要なアルゴリズムの運用が透明性を欠くことにも懸念を表明した。

  ACCCのシムズ委員長は発表資料で、「グーグルやフェイスブックのようなデジタルプラットフォームの市場での支配的地位を考えれば、規制監督の強化は妥当だとACCCは考える」と説明した。報告書には11の暫定的な勧告と、さらに分析が必要な8つの分野が含まれる。

原題:Google, Facebook Face Australia Crackdown Over Market Power(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE