コンテンツにスキップする

特別な場所バンクーバーで逮捕された華為CFO-夫妻で2軒の家購入

  • 孟CFOは1日、メキシコに向かう乗り換え時に逮捕された
  • 10日に保釈巡る審理が再開-弁護側はGPS監視下での保釈を提案

バンクーバーは中国の富裕層にとって特別な場所だ。太平洋の向こう側にあるカナダのこの都市で、不動産を購入し、子どもたちに教育を受けさせ、自分自身も夏季休暇でゆっくりとくつろぐことができる。

  世界170カ国余りに事業展開している中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)の孟晩舟最高財務責任者(CFO)もまた毎年バンクーバーでの休暇を楽しんでいたが、今年はこの都市で逮捕・拘束されることになった。

  12月1日、孟CFOがキャセイパシフィック航空の香港発の旅客便からバンクーバーに降り立ったのは正午頃。メキシコに向かう前にバンクーバーで12時間を過ごすつもりだったが、米国の要請を受けたカナダ当局により逮捕された。HSBC銀行など複数の銀行を欺いて米国の対イラン制裁に反した取引を実行させた容疑で、米当局は孟CFOの身柄引き渡しを求めている。

Huawei Technologies Chief Financial Officer Wanzhou Meng Faces Bail Hearing

バンクーバーで孟CFO夫妻が所有する家

写真家:Ben Nelms / Bloomberg

  身柄引き渡しを巡る審理には数年を要する可能性もあり得、孟CFOの拘束は長引きく公算が大きい。この拘束がどの程度厳重なものになるかは、逃亡しない程度にバンクーバーとの関係が深いと見なされるかどうかなどに左右されそうだ。

  7日に行われた孟CFO(46)の保釈を巡る審理はいったん中断され、10日に再開される予定。カナダ側のジョン・ギブカースリー弁護士は、米国との身柄引き渡し条約のない中国に逃げ帰る動機が孟CFOにはあるとしている。

  バンクーバーはアジアの富裕層が特に好んで移り住む人気の目的地となっている。不動産記録と裁判所で読み上げられた孟CFOの供述書によれば、15年前に初めてバンクーバーを訪れた孟CFOは夫と共に6つの寝室を備えた家を2009年に購入し、今やその評価額は560万カナダ・ドル(約4億7300万円)。夫妻は16年に2軒目の物件を購入。1630万カナダ・ドルの価値があるとされる2万1000平方フィート(約1951万平方メートル)の区画に建つレンガとガラスでできた高級住宅だ。HSBCから住宅ローンを借りての購入だった。

Huawei Open to IPO After Probably Surpassing Ericsson in Sales

孟晩舟CFO

写真家:Dennis Zhe / Huawei Technologies Co.

  夫妻は中国広東省の深圳市で10歳の娘と共に住んでいる。孟CFOには前の結婚で生まれた3人の息子もいて、そのうちの1人は米マサチューセッツ州でプレップスクール(有名大学進学のための私立校)に通う。保釈が認められたら孟CFOは家族と共にバンクーバーにあるいずれかの家に移り、クリスマスにはマサチューセッツにいる息子も合流すると孟CFOの弁護士は裁判所で主張した。

  孟CFOの子ども4人のうち3人はバンクーバーで教育を受けたことがあり、今でも夏には数週間や数カ月を同地で過ごす。孟CFOは中国本土と香港のパスポート(旅券)を持つ。弁護団は衛星利用測位システム(GPS)装置による監視や予告なしの警察による見回りの下での保釈を提案しており、デービッド・マーティン弁護士は「逃亡の恐れはない。ここに自分の家があるのだから」と論じた。

  カナダ側のギブカースリー弁護士によれば、孟CFOの父親である華為を創業した任正非氏の資産は推計32億米ドル(約3600億円)。

原題:For Huawei CFO, an Idyllic Summer Playground Turns Into a Prison(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE