コーエン氏率いるヘッジファンドの日本統括責任者が交代へ

更新日時
  • 尾上氏は退職意向を会社に伝達、マン氏が一部担務を統括
  • 日本焦点のファンド、今年の運用成績はリーマンショック来の厳しさ

資産家スティーブ・コーエン氏率いるヘッジファンド運営会社、ポイント72アセット・マネジメントの日本統括責任者が交代することが10日、分かった。

  匿名を条件に明らかにした関係者によると、日本統括責任者を4年以上務めていた尾上征児マネジングディレクターは2019年に退社する。日本での事業拡大に貢献した尾上氏が同社に退職する意向を伝えたという。これを受け、香港を拠点にするハワード・マン氏が日本を含めたアジアの運用人材の発掘など一部を統括する。尾上氏にコメントを求めたが現時点では回答を得られていない。

  シンガポールの調査会社ユーリカヘッジによると、日本に焦点を当てたヘッジファンドの今年11カ月間の運用成績はマイナス6.3%と、リーマンショックが起こった08年以来の厳しい年となっている。

  ポイント72の運用資産額は130億ドル(約1兆4700億円)。別の関係者は今月初め、同社の11月のリターンは約マイナス5%で、18年の運用成績が厳しいことを明らかにしていた。

  同社の前身であるSACキャピタル・アドバイザーズは、証券詐欺などの罪で起訴され、インサイダー取引では過去最高額となる18億ドル(約2000億円)の罰金支払いに応じた。コーエン氏は外部資金の運用を一定期間禁止された後、今年に入り投資家から50億ドルを預かり運用を再開している。

  尾上氏は14年に同社初の日本統括責任者に就任。人材発掘のほか、運用者やアナリストの管理、営業開発、コンプライアンスなども担当していた。それ以前はゴールドマン・サックス証券で、証券貸し出しや資産担保融資などのサービスをヘッジファンドに提供するプライム・ブローカー業務を手掛けていた。

  国際事業担当最高経営責任者マーク・デスミット氏は2017年9月のインタビューで、日本拠点の人員を3年半で約30人に増やしており、さらに拡大する予定だと語っていた。

(全体的に詳細を追加しました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE